メニュー

機械式時計を買う前に知ろう!正しい使い方とメンテナンスについてのポイント!

長い寿命を保つため機械式時計にすべきこと

機械式時計は定期的なメンテナンスが必要なアイテムですが、高級ブランドの時計などは1世紀以上使えるように造られています。長く寿命を保つためにも、数年置きのオーバーホールや日頃自分で行うメンテナンス、また正しい使い方をしましょう。機械式時計のオーバーホールとは、時計店や時計のブランドなどに依頼してプロのメンテナンスを受けることです。経年劣化した部品交換や時計内部へ侵入した汚れなどを取り除いたりしますが、約4年置きに行うのがベストです。

正しい使い方を守って故障を避けよう

機械式時計は精密に組み立てられている時計です。外部からの影響を受け易いため、深刻なトラブルに繋げないためにも日常から気を付けなければならないポイントがあります。例えば、小さな金属部品によって構成されている時計の心臓部は磁気帯びをし易いです。家電製品やスマートフォンなどの使用には十分気を付けて、機械式時計を近付けないようにしましょう。また、カレンダー合わせについては21時から明け方までは行わないで下さい。日付送り歯車が動いている時間帯にカレンダー合わせをしてしまうと歯車の噛み合わせに支障が出て、故障に繋がる可能性があります。

機械式時計はメンテナンスしながら毎日使いましょう

機械式時計はゼンマイによる動力で運針するため、一日に一度は自分でゼンマイを巻き上げましょう。リューズの回し方は、繰り返し時計回りと逆戻りをさせます。リューズを巻く感触が重たくなったらゼンマイの巻き上げ作業は完了です。機械式時計は頻繁に使用することで寿命が長く保たれます。却って長い期間放置すると潤滑油が固まってしまうなどの弊害が出るので、3か月以上未使用の状態は避けた方が無難です。また日々使用していると汚れが付着するので、使用後の拭き掃除は忘れず行いましょう。

ウブロはスイスにある高級時計メーカーです。ビスで留めたベゼルが特徴です。多くの著名人や芸能人に愛用されています。

時計のウブロを読む
ウブロの価格で見つける