メニュー

今年は気軽に自宅でやってみましょう!壁面緑化

壁面緑化の効果は何?

ヒートアイランド現象を和らげます。建物の温度が上昇するのを抑制します。最大、11度も建物温度が下がるんですよ。これはすごいです。壁面の熱が室内へ伝わるのを、何もしない時に比べて90%削減します。部屋の中は涼しくなるので、エアコンの消費電力も少なくて済みますよ。エアコンでは体が冷え過ぎてしまうとか、人工的な涼しさはちょっと苦手という方には良いかも知れません。二酸化炭素の排出量も減って、地球にとっても優しいです。

実際、どんな方法があるのでしょう

専門の業者さんのホームページを見れば、いろいろな方法が載っています。固まって落ちてこない土だとか、専用のポットを壁面に取り付けるセットとか、最新の技術を駆使した商品があります。専用の器具を使わなくても大丈夫。プランターでも出来るんですよ。壁の前にプランターを置いて、普通に土を入れて、つる性の植物を植えるだけでいいんです。壁の最上部にプランターをセットして、植物を下に垂らす事も出来ます。この時、植物は常緑の方が良いでしょう。

植物を選んで植えてみよう

常緑のへデラ類を基本にすると、剪定する手間が省けて楽です。基本のヘデラ類に、成長の早い違う種類の植物を混ぜて植えると、見た目が美しくなります。ノウゼンカズラは、常緑で花期が長いので、ずっと花を楽しめます。ハゴロモジャスミンは、常緑で、初夏に花が咲きます。いい香りです。香りの王はジャスミン、香りの女王はバラと言われているくらいです。トケイソウは、半常緑です。花は、始めて見ると、ちょっとギョッとしてしまう様なインパクトのある花です。

壁面緑化に使用する植物は環境の変化や病気に強く、害虫も発生しにくい品種を選ぶことが大切です。また、成長が早く葉が多く茂ることも緑化による断熱性を保つための条件なので、事前の品種選びは慎重に行います。